オカマはお金を借りることができるのか?

今回は少し変わった話題について触れてみようと思います。

消費者金融では一般的に満20歳以上ということが原則になっています、仮に未成年の方が婚姻した場合には成人に達したものとみなされるというものがあるかと思いますが、やはり消費者金融などの金融関係に関してはこういった事は通用しないものと思われます。当然仮説にはなってきますがそうでは無いでしょうか。

その他にも、オカマや逆のネカマなどについては、当然戸籍上の刻印がされているので、実社会でどのような状況であれ借り入れに際してのマイナスポイントになってくる事はないと思われます。当然のことながら一定の収入があるということは大前提ですので、こういったことに関しての差別というものは無いのではないでしょうか。

オカマネカマでも当然同じ人間なのでお金に困ることもあると思いますので、アルバイトでばったなどであったり派遣などであっても何らかの仕事についていて、要件を満たす年齢であればお金を借りること自体に問題はないのでしょうね。

契約の際にも、なかなか私オカマなのですという風な事は言いづらいかと思いますが、問題は無いかと思いますので大丈夫でしょう。

その他にも、よく要件で見うけるのが「安定した収入がある方」と言う件ですが、仮にこれが毎月一定という意味なのか、それとも定期的という事でも問題はないのか?といった点では、どちらも基本的にはオッケーだったりするようです(・∀・)b

ですが勘違いてはいけないのは、当然ですがあたりにでもかつてくれるということはありえないので、微妙なラインはどうなのかというところを少しクリアーな表現にするとこのような感じになるかと思うので参考にしてみてください。

もちろんのことながら、私自身が消費者金融担当者ではないので、これらのことについて保証することはできませんがおよそはずれでは無いでしょう。もちろんもっとレアな対象者もいるのでしょうがこのあたりはまた次回にでもお話ししていきたいと思うのでチェックしておきたいと思う方はブックマークしておいてください(^-^)

スポンサードリンク

─────────────────────────────

この記事が参考になったと思ったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

このページの先頭へ