医療費節約ガイドブック

医療費を節約したいときは、薬は最近では
ジェネリック医薬品なども主流化しつつ
ありますが、病院に通わないわけにはいけません。


毎月定期収入がある方には、30日間無利息サービスが
があるので、実質利子なしで借入することが可能なのが
こちらになりますので、うまく使ってみましょう。
(30日間無利息※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。)


プロミス3秒診断


医療費が高い場合は、入院した場合は、
ベット差額代と療養食費代を除いては、
入院費の限度額証というものを
退院する前までに市役所などに申請すると、
退院時に支払う医療費は、限度額までになります。


この限度額証は有効期限が1年ぐらいと決まっているので、
作っておかないと退院時には、限度額を超えていたら
超えている分も支払って、後から高額療養費の請求の
申請を市役所等で行い、それから3か月後ぐらいに申請した
通帳への入金で返金されることになるでしょう。


75歳以上の後期高齢者の場合は、自動的に限度額までで
支払いは終わります。保険診療分以外は該当しません。


外来にも限度額がある人は、所得の関係やひとり親の場合にはいます。


この場合私は、できるだけ同じ月内に病院へ
かかるようにしています。


限度額を超えた分はかかりません。


入院するのも、自分の思うようには行きませんが、
月初めに入院すると、限度額を超えるようになる場合も多いです。
限度額は1か月単位で見ます。

スポンサードリンク

─────────────────────────────

この記事が参考になったと思ったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

このページの先頭へ