電気代の節約方法のマル秘裏技!

電気の節約方法のマル秘裏技となる簡単な節約方法を紹介します。


オール電化の方ももちろんそうですが、ガスと電気の両方を利用している家庭も参考になるかと思いますので、まずは参考にしてみましょう。


まず見直すことは、「時間帯別電灯契約」というプランに切り替えます。
これによって従来ではどの時間に電気を利用しても、同一料金での利用になってきますが、夜間の安い時間を利用して、選択を回したりする事で電気代を安くすることができます。

電気代が安くなる時間帯がPM11:00~AM7:00までとなっていますので、温水器などを利用する時間の設定などの見直しをするだけでも年間トータルですると、大きい金額が余ってきます。


そして、太陽光発電が浸透している、現在に知っておかなくてはならないのが、普通に電気を利用していても、太陽光発電をしてうる家庭への料金の負担をされているという事実。


太陽光発電すると、電力会社は電気を買い取ってくれますが、そのお金はどこから出ていると思いますか?


それは太陽光発電を導入していない世帯から徴収されています。
明細を見れば分かります。


 「再生可能エネルギー発電促進賦課金」および「太陽光発電促進付加金」


という風に記載されている部分が毎月太陽光を導入していない世帯から徴収して、その料金を太陽光発電導入過程に支払っているということです。


皆さんは知らず知らずに他人の電気代を支払わされているということなんです。これおかしくないですか?でもこれが現実で電気エネルギーに移行しているので、電力会社が負担すると、支払いするお金が増えてしまうのでみなさんから少しづつ徴収されているということになるんです。


まだ太陽光発電を取り入れていない方は取り入れてみるのも良いかもしれません。
太陽光発電自体も複数社見積りで料金も数百万円安くなるので無料で査定してみましょう。

太陽光発電一括見積もり



その他にも、冷暖房器具のクーラーですが、通常なら部屋の大きさの8畳なら8畳用を購入するかと思いますが、倍くらいの大きさのクーラーを利用して強さを弱で利用することで、一日中毎日つけっぱなしでも1月に私の家庭で16,000円となっています。

一日中ですよ、毎日ですしかも。



このあたりも、電気代を減らすことが出来るマル秘テクニックになってきますので、上手に出来る範囲のことを取り入れていきましょう。

スポンサードリンク

─────────────────────────────

この記事が参考になったと思ったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

このページの先頭へ