お金に困っている

要点

 

基本的にキャッシングというもの自体がお金に困ってる方向けのサービスとなっているかと思いますが、一般的には無担保融資などもあり、一定期間利息がつかないというサービスが付されている金融期間もありますが、一般的に金利の低いところで、借り入れをしようかと思っている方にはメリットとしてはかなり大きいものがあるかと思います。

 

しかしながらどこも、法定利息設定内での金利設定をしているわけですが、一般に金利が低いや高いなどの観点のみから借り入れする金融機関を選ぶ方が多いように思いますが一般的には高いところはダメと言う固定概念として頭の中にインプットされている方が多いような気がします。ですがあなたが利用する上で何を優先的に判断するかというところによってこの辺も全く違う意味を持ってくるのですがこの辺は皆さんよくわかっていない部分もあるかと思います。

一般的には実質年率が5%前後というところが、平均的な消費者金融の実質年率かと思いますが、この5%と言う金利自体は安いです。

 

ここで質問

 

お借り入れを申し込んだ際に実質年率が5%のところは希望額に達していないが、5%以上の所になってくると希望額に達している、と言うケースではあなたはどちらを優先的に利用しようと思いますか??

 

何が言いたいかといと結局はケースバイケースで、当然のことながら同条件で貸付をしてもらえるのであれば、低金利のほうがいいのは当たり前ですが、としても希望額に到達しない場合は、多少なりとも金利が高くても借りざるを得ないというケースは多々あるかと思います。これらを考慮した上での金融機関選びで有効になってくるのがこちらです。

 

これらを考慮に入れて優先的に候補にあがってくる金融機関がこちらになります。

 

三井住友銀行グループのモビット★24時間受付!限度額500万円

【プロミス】実質年率『4.5%~17.8%!』 自動審査で即回答♪

 

 

スポンサードリンク

─────────────────────────────

この記事が参考になったと思ったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

このページの先頭へ