外国人融資

皆さんどうも。

 

本日は、外国人の方が借り入れする場合にはどういったことが起こってくるのかというところを紹介したいと思います。もちろんのことながら永久査証があればいちばん問題ないのは明白ですが、外国人登録証明書でも十分本人確認書類としては役目を果たしてくれます。

という事は、外国人の方も当然日本人同等の条件を満たすことができれば、融資を受けることが困難という事は無いという結果になってくるかと思います。

審査にはこちらがお勧めです : キャッシング

もちろん、 きちんと日本語での対話ができるかというところや、労働状況や在日している年数などの要素もやはり外せないようになってくるのではないかと思います。こういったところではもちろんのことですが、ご自分が貸す側になればわかってくる部分でもあるかと思います。

 

自分がお金を貸すならどういう人に借すか?

自分がお金を貸したくない相手とはどういった人か?

 

こういった視点で自分を見ることが、日本人外国人問わずやはり融資を受ける際には大切になってくるようにかと思います。

少し話はズレましたが、やはり契約の際には、日本語が分からないと契約自体ができないということがあり得るので、普通に日常生活を日本で送ることができるという一般的なレベルの日本語の理解というものが必要になって来るかと思います。

そしてその他にも前途と紹介したように、自分が貸す側になればわかるところで、違法な手段を使っての稼ぎ日本に来ているような方々、というものは当然融資の対象にはなることはありません。もちろんですが、外国人の方には、もし融資を受けたまま、母国に帰国などをしてしまうと、もちろん追跡すること自体は可能ですが、債権者としても余分な費用がかかってくるというのが現実問題になってくるので、こういう面を含めると日本人と比べるとかせがわからすればやはりリスクというものは大きくなってくるということがあります。

もちろんこれらは、私の推測になってくるので最終決定者は融資担当者になるのですが、これだけは間違いない事実と思いますが、外国人だからといって融資に対しての差別を受けるということはありません。

すべては返済能力、というところが全てになってくるので審査の結果というものは、貸付には、法によって厳格に定められているのでこの辺は十分肝に銘じておきたいところかと思います。

 

スポンサードリンク

─────────────────────────────

この記事が参考になったと思ったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

このページの先頭へ