年収300万 お金を増やす

田舎者だからかなんなのか、借金はできるだけしたくありません。
まず、利息が嫌。そして借金があるという心理的負担も嫌。


なのでローンもしたことがありませんし、
車は泣く泣く親に一時的に借て、三か月ほどで即返済しました。
私がこんな性格になったのはおそらく親の教育の賜物でしょう。


今でも忘れられない母親の名言というのがあって、
それは『貸した金は忘れろ。借りた金は忘れるな』というものです。


とかく借金というのは人間関係に亀裂を生む元ですし、
知らない人(銀行など)からはもっと借りられません。


なので私は借金をしないで済んでいる自分の環境に感謝しつつ、
絶対にお金は借りないぞ、と思うのです。
もちろんお金に困ることはあります。こんなご時世ですし。


贅沢はしていなくたって、まずは税金の支払い。
そして公共料金の支払い。ケータイの支払い。保険の支払い等々など。


月末はそれらの支払いやカードの引き落としで恐々としています。
いや、汲々でしょうか?


そこに冠婚葬祭などの突然のイベントがあれば、とんでもない打撃です。
なので借金をしないと心に誓っているからには、
いつもある程度の貯金を確保しておかなければなりません。


本当に人って、ただ生きているだけでもお金がかかるものですね。

スポンサードリンク

─────────────────────────────

この記事が参考になったと思ったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

このページの先頭へ