住宅ローン比較 借り換え

住宅ローンの返済ってかなりかなり家庭にのしかかる負担は多くなりがちです。

 

変動金利や固定金利などありますが一般にはこれらを組み合わせた方法

有効かと思いますし、実際に私も含めて多くの方がとってい

リスク分散措置かと思います。

 

そして借り換えの際にまず目が行くのは金利です。

 

しかしながら現実に本当に借り換えでメリットが出るのかどうかというのは、

金利だけではわからないところです。

 

もちろんシュミレーションでも概要はわかりますが初期費用まで換算された金額でなければ

検討値になりませんので十分にご確認ください。

 

住信SBIネット銀行

何といっいても金利安が魅力です。

多くの方が望む低金利の銀行に借り換えの理想像かと思います。

 

 

新生銀行

初期費用が安く済み借り換えの効果が出やすくなります。

意外にも盲点なので要チェックです。

 

フラット35

団体信用保証料が必要となってきますが、メリットが出る方も

いるので要チェックです。

 

 

注目商品

住宅ローンを組む際に今人気となっているのが疾病保障が

付与されているプランです。

このあたりは銀行によって<有り・無し>があるので、もしも病気で

返済が不可能になった場合に住宅ローンを保証してくれます。

その代わりに金利は高くなる傾向があるのでご自分の考えに合わせて

取り入れてみるのも安心につながる返済方法の一つかと思います。

 

スポンサードリンク

─────────────────────────────

この記事が参考になったと思ったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

このページの先頭へ